ビットコインとは?

仮想通貨 基礎

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトという人物によって開発された世界初の分散型暗号資産です【サトシ・ナカモトの正体には諸説あり】。中央銀行や政府といった中央機関の管理を一切受けず、ユーザー同士のP2Pネットワーク上で取引が行われます。

ビットコインのメリット

ビットコインのメリットは、以下のとおりです。

  • 中央管理者がいないため、政治や経済の影響を受けにくい

ビットコインは、中央銀行や政府といった中央機関によって発行される法定通貨とは異なり、特定の管理者が存在しません。そのため、通貨の発行量や取引の承認などの決定が、ユーザー同士の合意によって行われます。そのため、政治や経済の影響を受けにくいというメリットがあります。

  • P2Pネットワークで取引されるため、仲介業者を必要とせず、取引手数料が安い

ビットコインの取引は、ユーザー同士のP2Pネットワーク上で行われるため、銀行や決済代行業者などの仲介業者を必要としません。そのため、取引手数料が安いというメリットがあります。

  • 暗号技術によって安全性が担保される

ビットコインの取引は、暗号技術によって安全性が担保されています。取引の記録は、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳に記録されます。ブロックチェーンは、改ざんが非常に困難なため、ビットコインの取引の安全性が確保されています。

ビットコインのデメリット

ビットコインのデメリットは、以下のとおりです。

  • 価格変動が激しい

ビットコインの価格は、市場の需要と供給によって変動します。そのため、価格変動が激しく、価格が大きく下落するリスクがあります。

  • 価値の裏付けがない

ビットコインは、法定通貨のように政府や中央銀行によって価値が裏付けられているわけではありません。そのため、価値の裏付けがないというリスクがあります。

  • 現在利用できる店舗やサービスが限られている

ビットコインは、まだ普及途上のため、利用できる店舗やサービスが限られています。

ビットコインの買い方

ビットコインを購入する方法は、大きく分けて以下の2つがあります。

  • 取引所での購入
  • マイニングによる発掘

取引所での購入

取引所とは、ビットコインやその他の暗号資産の売買を行うことができる場所です。取引所では、法定通貨(日本円や米ドルなど)をビットコインに交換することができます。

取引所での購入は、比較的簡単にビットコインを購入できる方法です。また、取引所によっては、クレジットカードや銀行口座からの入金に対応しているため、手軽に暗号資産の購入をすることができます。

国内の取引所【一部紹介】

  • GMOコイン
  • コインチェック
  • DMM Bitcoin
  • LINE BITMAX
  • BIT POINT
  • bitFlyer
  • bitbank
  • SBI vc Trade
  • その他

取引所は、ハッキングなどのリスクや、手数料が割高になるなどのデメリットなどもあります。

マイニングによる発掘

マイニングとは、ビットコインのブロックチェーンに取引を記録する作業です。マイニングを行うことで、ビットコインの発掘報酬を得ることができます。

マイニングは、ビットコインを入手するコストパフォーマンスの高い方法です。しかし、マイニングを行うには、高性能のコンピューターやマイニング専用機器などの設備が必要であり、多額な電気代などの設備投資に高額なコストもかかりリスクがあります。

※近年、マイニングの難易度が大幅に上昇しており、個人でマイニングを行う場合、収益化が非常に困難になっています。

ビットコインの半減期【重要】

ビットコインのマイニング報酬は、一定の間隔で半減していきます。この現象を半減期と呼びます(半減期のサイクルは4年に一度)

ビットコインのマイニング報酬は、初期は50ビットコインでしたが、2012年に25ビットコイン、2016年に12.5ビットコイン、2020年に6.25ビットコイン、2024年に3.125ビットコインに、4年ごとに半減しています。【今年2024年はビットコインの半減期

半減期により、ビットコインのマイニング報酬は徐々に減少していきます。そのため、マイニングによるビットコインの発行量は、徐々に減少していきます。

半減期は、ビットコインのマイニング難易度を調整するための仕組みです。マイニング難易度が調整されることで、取引の安全性が維持されます。

また、半減期は、ビットコインの希少性を高めるという効果もあります。ビットコインのマイニング報酬が減少するということは、ビットコインの総発行量も減少するということです。そのため、ビットコインの希少性は高まっていきます

希少性が高まっていけば、必然とビットコインの価値も高まると期待されています。

しかし、ビットコインの将来性は、半減期以外にも、さまざまな要因によって左右されます。

例えば、ビットコインに対する規制の強化や、他の暗号資産との競争などによって、ビットコインの価値が下落する可能性などもあります。

そのため、ビットコインに投資する際には、これらのリスクを十分に理解した上で行うことが重要です。

まとめ

ビットコインは、中央銀行や政府といった中央機関の管理を一切受けず、ユーザー同士のP2Pネットワーク上で取引が行われる暗号資産です。

ビットコインのメリットは、政治や経済の影響を受けにくいこと、仲介業者を必要とせず、取引手数料が安いこと、暗号技術によって安全性が担保されていることなどが挙げられます。

一方デメリットは、価格変動が激しいこと、価値の裏付けがないこと、利用できる店舗やサービスが限られていることなどが挙げられます。

ビットコインの将来性については、さまざまな意見がありますが、半減期によってビットコインの希少性は高まり、価値が高まると期待されています。2024年はその半減期の年です。

ただし、ビットコインの将来性は、半減期以外にも、さまざまな要因によって左右されるため、投資する際には十分にリスクを理解した上で行うことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました