初心者必見!!仮想通貨の基礎知識について学んでみよう!

仮想通貨 基礎

仮想通貨(暗号資産)の基礎知識を学んでみよう!

仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上で取引されるデジタル通貨のことです。法定通貨のように中央銀行が発行するようなものではなく、ブロックチェーン技術によって管理されています。

近年、仮想通貨の価格が高騰し、投資や決済手段として注目を集めています。しかし、仮想通貨は価格変動が激しいなどいろいろなリスクもあるため、投資を始める前に基礎知識をしっかりと学んでおくことが大切です。

この記事では、仮想通貨の基礎知識について解説していきます。

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴は、以下のとおりです。

  • デジタル通貨である
  • 中央銀行が存在しない
  • インターネット上で分散管理されている
  • ブロックチェーン技術によって管理されている

デジタル通貨である

仮想通貨は、物理的な形を持たないデジタル通貨です。そのため、紙幣や硬貨のように持ち運ぶ必要がなく、インターネット上で簡単に送金や決済を行うことができます。

中央銀行が存在しない】

仮想通貨は、中央銀行が発行する法定通貨とは異なり、中央銀行による管理がありません。そのため、発行量や価値をコントロールできるのは、仮想通貨のシステムを開発した開発者やコミュニティです。

【インターネット上で分散管理されている】

仮想通貨は、インターネット上で分散管理されています。そのため、特定の組織や団体が管理するのではなく、参加者全員で管理されています。

ブロックチェーン技術によって管理されている

仮想通貨は、ブロックチェーン技術によって管理されています。【ブロックチェーン】とは、取引の記録を連鎖的につなげたデータベースのこと。仮想通貨の取引は、このブロックチェーン上に記録され、参加者全員で共有されています。

仮想通貨の種類

仮想通貨には、さまざまな種類があります。その中でも、代表的な仮想通貨は以下のとおりです。

ビットコインは、2009年に誕生した最初の仮想通貨です。イーサリアムは、スマートコントラクトを実行できる仮想通貨プラットフォームです。リップルは、国際送金を低コストで行うことができる仮想通貨です。テザーは、米ドルに連動するステーブルコインです、ステーブルコインは価格変動が少なく利確やDeFiで広く使われることがある仮想通貨です。ソラナは、高速・低コストなブロックチェーンプラットフォームで、NFTやDeFiなど、様々な分野で活用が進んでいる仮想通貨です。

他にも多数の仮想通貨があり、ミームコインなどを入れると2万種類以上の仮想通貨が存在すると言われています。

仮想通貨の投資方法

仮想通貨の投資方法には、以下のようなものがあります。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • レンディング

現物取引】

現物取引とは、仮想通貨を直接売買する方法です。仮想通貨取引所を利用して、他のユーザーと仮想通貨を交換します。

【レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、少額の資金で大きな取引を行う方法です。仮想通貨取引所が提供するレバレッジ機能を利用することで、資金の何倍もの金額で取引を行うことができるのでハイリスク・ハイリターンです。(※ここでは簡単な説明しかしていません)

レバレッジ取引を始める前に、しっかりと理解しリスクを管理しながら取引をするようにしましょう。

レンディング

レンディングとは、仮想通貨を貸し出して金利を得る方法です。仮想通貨取引所が提供するレンディングサービスを利用することで、仮想通貨を貸し出して金利を得ることができます。

仮想通貨のリスク

仮想通貨の投資には、以下のリスクがあります。

  • 価格変動リスク
  • ハッキングリスク
  • 詐欺リスク

価格変動リスク

仮想通貨の価格は、非常に変動しやすいという特徴があります。そのため、投資で利益を得るチャンスがある一方で、損失を被るリスクも高くなることもあります。これは仮想通貨に投資をしていたら誰もが直面するリスクです。

  • 2024年1月31日現在、最大下落した仮想通貨は、韓国発の仮想通貨【テラ(LUNA)】です。2022年5月7日、テラUSD(UST)と呼ばれるステーブルコインが、ドルとのペッグを維持できなくなり、価格が暴落しました。USTのペッグ崩壊は、テラ(LUNA)の価格にも大きな影響を与えることとなり、わずか1日で99.9%以上の下落を記録した。

【ハッキングリスク】

仮想通貨は、インターネット上で管理されているため、ハッキングリスクがあります。仮想通貨取引所やウォレットがハッキングされると、保有している仮想通貨が盗まれる可能性があります。

  • 2024年1月31日現在、仮想通貨史上最も大きなハッキング事件は、2014年に発生した「マウントゴックス事件」です。                         当時世界最大の仮想通貨取引所でした。2014年2月マウントゴックスは、ハッキングによって約460億円相当のビットコインを盗まれたと発表しました。この事件により、マウントゴックスは破産し、投資家は多額の損失を被りました。

詐欺リスク

仮想通貨の投資詐欺も発生しています。偽の投資案件や偽の取引所などに騙されると、投資した資金を失う可能性があります

  • ポンジ・スキーム
  • フィッシング詐欺
  • 有名人やインフルエンサーを使った偽の宣伝
  • 市場のパンプ、ダンプ
  • ICO【Inithial Coin Offering】
  • その他

まとめ

仮想通貨は価格変動が激しく、億り人になったなんて夢のような話もよく聞きます。しかし投資にはリスクも付きものです。よく勉強して知識をつけてからチャレンジしましょう。

一番重要なことは余剰資金で無理のない投資をすることだと思います。

これから投資を始める人は必要な知識を身につけてから投資を始めましょう。

下記にて仮想通貨の簡単な紹介をしています、興味があれば読んでいただければ幸いです。

ビットコインについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました