USDT(ステーブルコイン)とは?暗号通貨初心者でも分かるUSDTの徹底解説

仮想通貨 基礎

暗号通貨に興味を持ち始めた人にとって、様々な種類の仮想通貨がありますが、「USDT」という銘柄は聞き慣れないかもしれません。

USDTとは、米ドルと1:1に連動するステーブルコインです。ステーブルコインとは、価格変動が少ない仮想通貨です。この記事では、USDTの概要や特徴、購入方法などを紹介します。

USDTは、Tether Limited社が発行している法定通貨担保型ステーブルコインです。価格は、米ドルの価格に連動しています。海外の仮想通貨取引所では、決済用の通貨として用いられることも多いです。

しかし、国内取引所では、USDTの取り扱いがないのが現状です。USDTは、国内取引所で仮想通貨を用意したのち、海外取引所やDEXで取引する必要があります。

USDTの特徴

  • 米ドルと連動しているため、価格変動が小さい
  • 多くの取引所で基軸通貨として利用されている
  • 取引所の入出金や、他の仮想通貨への交換に利用できる
  • 投資初心者にも使いやすい
  • 2024年2月26日現在 仮想通貨 時価総額ランキング3位

USDTのメリット

  • 価格変動が少なく、リスクが低い
  • 仮想通貨取引の決済に使いやすい
  • 法定通貨への換金がしやすい

USDTのデメリット

  • 米ドルと連動しているため、金利の影響を受ける
  • 発行元のTether社に対する信用リスクがある
  • 日本国内での取り扱いは今現在はない

USDTの使い方

  • 仮想通貨取引所の入出金
  • 他の仮想通貨の購入・売却
  • 投資のポートフォリオの安定化

USDTの仕組み

USDTは、Tether社という企業によって発行されているステーブルコインです。Tether社は、発行したUSDTの裏付けとして、米ドルを同額保有しているとしています。しかし、Tether社の米ドル保有量については、透明性の欠如などから疑問視する声などもあります。

USDTのリスク

USDTは、価格変動が少なく、比較的安全な仮想通貨と考えられています。しかし、以下の点には注意が必要です。

  • 米ドルと連動しているため、金利の影響を受ける
  • 発行元のTether社に対する信用リスク
  • ハッキングなどのセキュリティリスク

USDTの将来性

USDTは、多くの投資家や機関投資家によって利用されており、今後も需要は拡大していくと考えられています。しかし、Tether社に対する信用リスクなど、解決すべき課題などもあります。

USDTは、価格変動が少なく、初心者にも使いやすい仮想通貨です。しかし、投資する前に、USDTの仕組みやリスクをしっかりと理解しておくことが重要です。

その他

  • USDTは、複数のブロックチェーン上で発行されています。代表的なものは、Ethereum、Tron、EOSなどです。
  • USDTは、様々な仮想通貨取引所(海外)で取引することができます。
  • USDTは、投資信託やETFなどの金融商品にも組み込まれています。

扱われている海外の取引所(一部)

  • Binance
  • Bybit
  • CoinCheck
  • Huobi
  • OKX
  • KuCoin
  • その他

まとめ

USDTとは、米ドルと1:1に連動するステーブルコインです。価格変動が少なく、仮想通貨取引の決済やポートフォリオの安定化に利用できます。しかし、発行元のTether社の信用リスクや金利の影響など、注意すべきリスクもあります。

※USDTは2024年2月26日現在、日本国内で取り扱っている取引所はありません

以上USDTの仕組みやメリット・デメリット、使い方などを初心者にも分かりやすく解説してみました。

GMOコイン【個人口座】 仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

コメント

タイトルとURLをコピーしました